脱毛コラム

ホクロがたくさんある部位も脱毛できます! ホクロから直接毛が生えていても脱毛する方法はあります!

脱毛をするときに「ホクロがあるとできない」と聞いたことはありませんか?

ホクロは小さいものから大きいものまでさまざまあり、中には数がたくさんある人もいます。

もしこれが本当ならば、ホクロがたくさんある人は脱毛ができないということになります。

基本的にホクロに直接照射することは、レーザーや光が色素に反応しますのでできません。

しかし、ホクロにレーザーや光が当たらないようにシールなどで保護したうえで施術するのであれば、ホクロがあっても安心してお手入れを受けることはできます。

また、最近ではホクロがあっても脱毛できるSHR方式の脱毛機も登場してます。

【メディオスターNeXT PRO】がある福岡の医療脱毛クリニック

メディオスターNeXT PROを採用している福岡の医療脱毛クリニック一覧 クリニック 詳細 フレイアクリニック 福岡天神院 ⇒簡単に紹介 公式ホームページで確認 メディオスターNeXTを採用している福 ...

続きを見る

この記事ではホクロが多い人に向けて、脱毛とホクロの関係や、ホクロに対してどのような対応をしているのかについて、詳しくお伝えします。

そもそもホクロって何?なぜできるの?

ホクロは、人によってできる場所や大きさが微妙に違います。

シミと似ていますが、シミより濃くて大きいといった特徴があります。

皮膚細胞には、紫外線に反応して黒くなる色素「メラニン色素」が含まれています。

そもそもホクロとは、このメラニン色素とメラノサイト(色素細胞)が一部分だけ集中的に増殖したものをいいます。

シミと同じくメラニン色素が含まれているので黒や茶褐色に見えますが、増殖した状態なのでシミよりも目立ち、盛り上がっているものもあります

ホクロができる原因は、シミと同じく紫外線です。

紫外線という肌への刺激により、メラノサイトが活発に働き、皮膚の細胞の遺伝子を守るためにメラニン色素が作られます。

少量であればターンオーバーによって皮膚の表面に押し出されて古い角質や垢とともに剥がれ落ちますが、過剰に紫外線を浴びることでメラニン色素が大量に合成されると黒いシミとなって残ります。

ほくろの場合は皮膚の深いところに作られますので、消えることはあまりありません。

外部の刺激から肌を守るために必要なものではありますが、出来過ぎるとホクロとして残ってしまうのです。

メラノサイトは紫外線だけではなく、肌の摩擦やホルモンバランスの乱れによっても活性化されます。

そのため、紫外線対策をしてもホクロができるケースがあり、生まれつきほくろがあるという人も珍しくありません。

ほくろの中には、年を重ねるほどに大きくなったり、盛り上がってイボのようになったりするものもあります。

また、一般的なほくろは「母斑細胞母斑」と呼ばれ無害ですが、悪性化して「悪性悪色腫」と呼ばれるほくろのがんになりことがあるので注意が必要です。

「悪性悪色腫」は急激に大きくなる、手のひらや足の裏にできる、左右非対称の形をしているといった特徴があり、ある程度見分けがつきます。

脱毛クリニックのレーザー脱毛や脱毛サロンの光脱毛の仕組みを知ろう

「ほくろと脱毛の関係」について知るためには、まず脱毛クリニックや脱毛サロンでのお手入れ方法の仕組みを知らなければなりません。

脱毛クリニックや脱毛サロンによってお手入れ方法には多少の違いはありますが、基本的にはレーザーや光を使った脱毛機でお手入れをしていきます。

このレーザーや光は、ムダ毛に含まれる黒い色素(メラニン色素)に反応し、毛根を弱らせる効果があるものです。

毛が生えた状態でレーザーや光を当てると、お手入れ後、2~3週間前後で自然に毛が抜け落ちます。

「1回だけ受ければ、二度とムダ毛が生えてこない」というわけではなく、お手入れを繰り返すことでムダ毛の気にならない肌になっていきます。

ほくろの近くから生えている毛は脱毛できるの?

脱毛クリニックや脱毛サロンでレーザーや光は、「黒い色素のみに反応する」というものです。

「ムダ毛」にだけ選択的に反応するのではなく、全ての「黒い色素」に対して反応してしまうため、ほくろがあった場合は、そのほくろにも反応してしまいます。

また、日焼けした肌も同様です。

レーザーや光が、ほくろや日焼けした肌全体を傷つけてしまう可能性があるため、原則としてその部分には照射することができません。

しかし、日焼けした肌とは異なり、ほくろは一部分にだけ存在するものです。

ほくろに直接レーザーや光を当てないような対処をすることで、ほくろの近くから生えているムダ毛のお手入れを行うことはできます。

ほくろそのものへの対処法については、次でご説明しましょう。

ほくろがある場所でも脱毛したい!その場合は?

脱毛クリニックで行われるレーザー脱毛もサロンで行われる光脱毛も、メラニンが集まっているほくろがある場所には照射できません。

もしレーザーや光を当ててしまうと、ほくろにも反応してやけどを起こす危険性があるためです。

しかし、ほくろがある場所でも脱毛することは可能です。

脱毛クリニックや脱毛サロンでは肌トラブルが起きないよう、ほくろをチェックしながら適切な施術を行っています。

施術したい箇所にほくろがある場合は、一般的に次の3つの方法で対処します。

  1. ほくろを避けて照射する
  2. 出力レベルを下げて照射
  3. ほくろに白いシールを貼る

1.ほくろを避けて照射する

ほくろの数が少ない場合や、脱毛したい箇所から離れている場合は、ほくろがある部位を避けて照射します。

ほくろがあるところにはレーザーや光が当たらないようスタッフが工夫しながら照射するので、安心して施術を受けてください。

2.出力レベルを下げて照射

ほくろが薄い場合や、小さすぎて影響を受けない場合は、出力レベルを下げて照射することもあります。

スタッフがほくろの状態をチェックしてから判断するので、基本的にはスタッフ任せにしてかまいません。

以上のように、ほくろがあってもスタッフが臨機応変に対応しているため、ほくろがあるから脱毛できないということはありません。

もし不安に思うことがあれば、事前にスタッフに相談し、納得したうえで施術してもらいましょう。

3.ほくろに白いシールを貼る

脱毛クリニックや脱毛サロンの場合、ほくろの部分には、レーザーや光を当てることはできません。

ほくろの数が多い場合や、脱毛したい箇所の近くにほくろがある場合、「シールを貼って、直接レーザーや光を当てない」という方法で対策を取ります。

中にはシールを使わず、白いペンでほくろを塗るというところもあります。

白いシールでほくろを隠せば、上からレーザーや光を当てても反応しないため、影響を受けることがありません。

凹凸のあるほくろも平らなほくろも同じようにシールで隠せば施術可能です。

シールは施術前にスタッフの判断で貼るため、自分で貼って行く必要はありません。

ただし、「ほくろの周りの毛(シールからはみ出ている部分)」については脱毛クリニックや脱毛サロンで対応できますが、「ほくろから生えている毛そのもの」については脱毛クリニックや脱毛サロンではお手入れできないので注意してください。

ほくろから生える毛はどう処理する?

レーザー脱毛も光脱毛も、照射するレーザーや光はメラニン色素に反応します。

具体的には、ほくろにメラニン色素が含まれているため、レーザーや光がそのメラニン色素に反応してしまい、熱を発してしまいます。

そうなると、ほくろの部分がやけどをしてしまう危険性があります。

とはいえ、脱毛クリニックや脱毛サロンは脱毛のプロですので、ほくろ自体にレーザーや光を当てることはほぼないといっていいでしょう。

以上の理由から、ほくろから生える毛に対しては、残念ながらレーザー脱毛や光脱毛で処理ができません。

そのため、美容電気脱毛(ニードル脱毛)か自己処理で対応するしかないでしょう。

美容電気脱毛(ニードル脱毛)

ほくろに生えた毛を永久脱毛したいときは、美容電気脱毛(ニードル脱毛)が確実です。

美容電気脱毛(ニードル脱毛)は毛穴に電気を流して永久脱毛するので、メラニン色素の濃い部分の施術も可能になっています。

まずレーザー脱毛や光脱毛でムダ毛を減らし、レーザー脱毛や光脱毛でできなかったほくろなどの毛を美容電気脱毛(ニードル脱毛)で処理する、といった使い方もできます。

ただ、美容電気脱毛(ニードル脱毛)は、ひとつひとつの毛穴に電流を流し、毛根の発毛に関する細胞を破壊して永久脱毛するので、ある程度の痛みを伴い、施術時間が長くなるのが特徴です。

美容電気脱毛(ニードル脱毛)の際も、毛根の細胞にダメージを与えることは変わらないので、こうした施術を受ける際はほくろについてスタッフに相談した上で決めましょう。

自己処理

また、自己処理の場合は、意外と思われるかもしれませんが「抜かない」でください。

メラノサイトが凝集されているほくろはとてもデリケートです。

ほくろに見えているものも、医師の診断によっては違うものと判明されるケースもあります。

ほくろはデリケートなので、ほくろに生えている毛をむやみに何度も抜いて刺激を与えるのは良くありません。

炎症を起こす場合もあり、皮膚に対してリスクになります。

自己処理する場合は、小さなはさみで切ることをおすすめします。

家庭用の光脱毛器にも注意が必要

脱毛サロンの光脱毛と同じ仕組みで脱毛できる、家庭用の光脱毛器の使用にも注意が必要です。

家庭用脱毛器は手軽に使えるというメリットはあるものの、トラブルは自己責任というデメリットがあります。

リスクを下げるためにも、無理は避け、慎重に扱うべきです。

ほくろがある場所に家庭用脱毛器を使うときは、あらかじめ白いシールやテープなどでほくろを保護しておきましょう。

万が一ほくろに光を当ててしまったときは、火傷の恐れがあります。

炎症を鎮めるためにもすぐに照射した部分を冷やし、場合によっては皮膚科の医師の診察を受けるようにしてください。

手元の見えないパーツの脱毛では、ほくろの見落としが起きることもあります。

照射をするときは手元をよく確認し、それがどうしても難しいパーツについては1人での処理を諦めることも必要です。

家族に手伝ってもらうか、思い切って美容電気脱毛(ニードル脱毛)を検討してください。

小さなほくろなら照射しても問題ない?

レーザー脱毛や光脱毛をした人の中には、ほくろに照射したら「ほくろが消えた」と喜んでいる人もいるようです。

ですがレーザー脱毛や光脱毛のレーザーや光を、ほくろに照射するのはあまりおすすめできる行為ではありません。

したがって、レーザー脱毛や光脱毛をするときは、ほくろは避けるのが基本といえます。

ただほくろが1mm以下の大きさだったり、薄かったりする場合は、ほくろにレーザーや光を照射できることもあるようです。

前の段落で触れた通り、ほくろのある部分の施術をどうするのかについては、脱毛クリニックや脱毛サロンの方針や採用されているマシン、施術を受ける側の肌の状態などによって変わってきます。

脱毛クリニックや脱毛サロンを選ぶときは、それぞれのクリニックやサロンの方針を直接確認し、どうするか判断するようにしましょう。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)ならほくろがあっても脱毛できないことはない!?

「脱毛したい箇所にほくろが多いとちゃんと脱毛できないかも」と不安にある人も多いかもせ知れませんね。

結論から言うと、ほくろがあってもSHR脱毛ならすることは可能です。

一般的に脱毛をクリニックやサロンで行うときのレーザー脱毛や光脱毛というのは、黒いメラニン色素に反応するレーザーや光を照射し、毛根にアプローチする方法です。

一方、「SHR脱毛(蓄熱式脱毛)」という方法は、毛包という部分全体を刺激して、そこから蓄熱させて毛を生えないようにさせます。

メラニン色素に反応させて脱毛するわけではありません。

そのため、突起していない黒いほくろであれば、保護シールを使用せず、しっかり照射することが可能です。

日焼け後の肌、シミやタトゥーにもSHR脱毛(蓄熱式脱毛)できる

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)以外の脱毛方法では、日焼けを控えるようにしなければなりませんでした。

メラニンに反応させる脱毛方式のため、肌トラブルを招く恐れがあったからです。

また、同じ理由でシミ、タトゥーにも照射ができず、断られてしまった経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

一方、「SHR脱毛(蓄熱式脱毛)」は毛が生える指令を出す「毛包」にダメージを与えて脱毛する方法です。

メラニン色素に反応させ脱毛を行うわけではありません。

そのため、日焼け後の肌やシミ、タトゥーの上にも施術できます。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)は産毛にも効果がある!?

メラニン色素に反応させて脱毛を行う「レーザー脱毛」や「光脱毛」では、産毛に効果が出にくいと言われていました。

産毛は色が薄くて細い、つまりメラニン色素が少ないからです。

しかし、「SHR脱毛(蓄熱式脱毛)」の場合、メラニン色素は関係ありません。

産毛にも効果があり、処理することが可能です。

顔の産毛処理を行えば、化粧ノリがよくなるでしょう。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)は肌に優しい

「レーザー脱毛」や「光脱毛」では、毛穴の奥深くにある毛根組織に刺激を与える必要があります。

そのためには強いパワーが必要で、肌への負担が大きく、痛みもあるものでした。

しかし、「SHR脱毛(蓄熱式脱毛)」が刺激を与える「毛包」は、毛根より上層部にあります。

そのため、使用するパワーは弱いもので十分で、肌への負担も痛みも軽減されます。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)なら早く終わらせられる?

「レーザー脱毛」や「光脱毛」といった従来の方法では、毛根が休眠している間は待たなければならず、施術を受けられるペースは2カ月~3カ月です。

そのため、人によっては脱毛が完了するまでに1年半から2年ほどかかることもありました。

一方、SHR脱毛(蓄熱式)は毛周期に関係なく施術ができます。

毛包への施術は最短で2週間、早い人は6ヶ月で脱毛が完了するでしょう。

夏の海水浴や結婚式など、脱毛を終わらせたいスケジュールが決まっている人には、特にうれしいポイントです。

【メディオスターNeXT PRO】がある福岡の医療脱毛クリニック

メディオスターNeXT PROを採用している福岡の医療脱毛クリニック一覧 クリニック 詳細 フレイアクリニック 福岡天神院 ⇒簡単に紹介 公式ホームページで確認 メディオスターNeXTを採用している福 ...

続きを見る

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)の禁止事項は?

ほくろの施術が可能で、肌に優しいSHR脱毛(蓄熱式脱毛)ですが、注意点があります。

ニキビや傷などが施術範囲にあると脱毛ができない可能性があります。

肌トラブルを避けるためにも、一定の間隔をあけて処置をすることも必要です。

また、肌が乾燥していたり薬を服用していたりすると、施術を断られるケースがあります。

さらに、施術の前後は運動や入浴、飲酒は避けるように言われます。

運動などによって体温が上昇すると、体内に熱が閉じ込められやすくなり施術箇所に赤みやかゆみが発生する可能性があるからです。

したがって、施術当日は発汗するほどの激しい運動や飲酒を避け、入浴ではなくシャワーを利用しましょう。

脱毛クリニックや脱毛サロンによっては禁止事項に差があるので、施術前の説明はしっかり聞いておく必要があります。

脱毛するとほくろが増える、大きくなるって本当?

基本的に脱毛クリニックや脱毛サロンで行っているレーザー脱毛や光脱毛でほくろが増えたり、大きくなったりすることはありません。

ほくろができる原因は紫外線や摩擦、ホルモンバランスの変化などです。

レーザー脱毛や光脱毛ではメラノサイトを活性化させることはなく、すでにほくろがある場所はシールを貼ったりほくろを避けて照射したりスタッフが配慮するため、安心して施術を受けられます。

脱毛によってほくろが増えた、大きくなったと感じるのは、別の理由が考えられます。

もともと肌の奥に潜んでいたシミが表面化してきた、紫外線対策を怠っていた、照射によって毛穴が炎症したなどのケースです。

レーザーや光を当てた肌は外的刺激に敏感になっており、紫外線対策を怠っているとシミができてしまいます。

脱毛期間中は日焼け止めや日傘などを使って肌を保護し、シミができないよういつも以上に紫外線対策を徹底してください。

正常なターンオーバーによって肌の奥のメラニン色素を排出させるため、スキンケアによる保湿も重要です。

照射によって毛穴が炎症した場合は、施術後の冷却処置によって徐々に赤みが引いていきますが、数日たっても症状が続いている場合は肌荒れを起こしている証拠です。

少しでも肌の状態がいつもと違うと感じた場合は医師に相談してください。

ほくろがあっても大丈夫!不安が残るなら「SHR(蓄熱式)」での脱毛のほうが安心

脱毛とほくろについて説明してきましたが、結論として、ほくろがあっても脱毛を受けることは可能です。

しかし、脱毛方法や施術クリニック、サロンによってはほくろに保護シールを張ったり、お肌やほくろ自体の状態によっては施術が難しかったりする可能性もあります。

ほくろが多かったり大きかったりして心配のある人は、施術前のカウンセリングでよく相談するようにしましょう。

もし、ほくろ部分の施術に不安を感じるようなら「SHR(蓄熱式)」での脱毛をお勧めいたします。

メラニン色素ではなく毛包にアプローチする脱毛方法ため、ほくろや日焼けした肌でも安全に脱毛することができます。

肌への負担を最小限に抑える施術ですので、安心して脱毛することができます。

© 2020 福岡医療脱毛料金情報局